糖質制限ダイエットが失敗ーーリバウンドした原因は?

糖質制限ダイエットで体重が減少しても、リバウンドしてしまった場合は成功したとは言えません。リバウンドの原因を確認しておき、糖質制限ダイエットを成功させましょう。ここでは、リバウンドの原因や対策について解説していきます。

極端な糖質制限を行った

極端な糖質制限ダイエットをしてしまうと、身体のホメオスタシス機能が働き、普段よりも少ないエネルギーで身体の機能を維持できるようになるため、痩せにくくなります。そのため、糖質制限ダイエットで目標体重まで落とした後に食生活を元に戻すと、エネルギーオーバーとなってリバウンドしてしまいます。

基礎代謝が落ちた

人が運動していない状態で身体の機能を維持するために必要なエネルギー消費のことを基礎代謝といいます。筋肉量が多ければ、それだけ基礎代謝量も多くなるのですが、脂肪が燃焼される際には、筋肉も一緒に落ちます。そのため、糖質制限ダイエットをすると基礎代謝量が低下して痩せにくくなる場合があります。

糖質が制限できなかった(我慢できなかった)

糖質を制限できない、つまり糖質を我慢できなかった場合は当然ながらリバウンドしてしまいます。たとえば、極端に糖質を制限すると、ある日突然欲求が爆発して、糖質をたくさん摂取してしまうことがあります。また、1日3食の食事で糖質を抑えることができても、間食を我慢できなかったために糖質制限ダイエットに失敗することもあります。

リバウンドしないための対策

苦労して糖質制限ダイエットで目標体重まで落としても、リバウンドしてしまうと意味がありません。リバウンドしないために、十分に対策しましょう。

適度な減量ペースを継続しよう

ホメオスタシス機能はどうしても働きますが、最小限に食い止めることでリバウンドを防ぐことができます。まず、第一に適度な減量のペースでダイエットを継続することが大切です。主食を1日に1回も摂らないような極端な糖質制限は、ホメオスタシス機能を高めてしまいます。

間食して低糖質のものを食べよう

1日3食の食事でエネルギーが大きく不足すると、ホメオスタシス機能が高まるので、間食してエネルギーを補給しましょう。ただし、低糖質のものを選ぶことが大切です。高糖質で高カロリーの菓子類などはリバウンドに繋がるので、ヨーグルトやブラックチョコレートなど比較的低糖質低カロリーのものを食べましょう。

筋トレで運動しよう

基礎代謝が落ちると痩せにくく太りやすくなるので、糖質制限ダイエットと運動を併用するとよいでしょう。激しい運動をする必要はありません。週に2~3回、30分程度のジョギング、1時間程度のウォーキングがおすすめです。

チートデイで乗り越えよう

チートデイをうまく活用することで、無理なく減量することができるといわれています。

チートデイとは
チートデイとは、基礎代謝の約3倍の食事を摂ることで体重を減らすことができるとされる日です。ダイエットを開始してから2~3週間が経つと、ホメオスタシス機能が働いて痩せにくくなりますが、週に1回だけ基礎代謝の約3倍の食事を摂ることで、ホメオスタシス機能を解除して痩せることができると考えられています。

チートデイにたくさん食べることで、精神的な満足感を得られ、糖質制限ダイエットのモチベーションを維持することができるでしょう。

まとめ

糖質制限ダイエットを行う際には、低糖質の食品をしっかりと把握することが大切です。また、運動と併用して、ホメオスタシス機能を最小限に抑えると、リバウンドしにくくなります。チートデイも活用して、リバウンドしないための対策を立てましょう。

 
 ページの先頭に戻る